海外

☝️【軍事演習か】中国、台湾周辺で

中国人民解放軍の東部戦区は、台湾の周辺で海空の合同軍事演習を開始したと発表された。この演習は、2023年5月23日から24日まで行われる予定である。このタイミングは、台湾の新総統、民主進歩党の頼清徳氏が就任した直後であり、彼に対する威圧を目的としていることが推察される。演習地域としては、台湾海峡や台湾本島の北部・南部・東部、さらに金門島や馬祖島の海空域が指定された。
海外

☝️【AI半導体】エヌビディア売上高3.6倍

米半導体大手のエヌビディアが2024年2月から4月期の決算を発表し、純利益が前年同期比7.3倍の148億8100万ドル(約2兆3300億円)、売上高が同3.6倍の260億4400万ドルに達したことが明らかとなった。これは市場予想を大きく上回るもので、AI向け半導体の需要の増加を背景にしている。同社は次の四半期の売上高見通しを280億ドル前後と予測し、これも市場の期待を上回るものである。決算発表後、米株式市場の時間外取引ではエヌビディア株が一時7%上昇した。
海外

☝️【テヘランが沈黙】イラン大統領、葬儀

イランの首都テヘランで、ライシ大統領らの葬儀が22日に行われた。これは、ライシ大統領が含まれる8人が、19日に東アゼルバイジャン州でヘリコプター墜落事故により死亡したことに伴うものである。葬儀はテヘラン大学で開かれ、イランの最高指導者ハメネイ師やイラン革命防衛隊の幹部が出席し、パレスチナ自治区ガザのハマスのハニヤ最高指導者も参列した。
国内

☝️【訃報】中尾彬、81歳の生涯

俳優の中尾彬さんが2023年5月16日に心不全のため亡くなった。享年81歳である。彼の葬儀および告別式は近親者のみで執り行われた。中尾さんは1961年に日活ニューフェイスとして映画界に足を踏み入れ、その後、劇団「民芸」に所属し、1964年に映画「月曜日のユカ」で映画デビューを果たした。彼は二枚目から渋い個性的な役まで幅広く演じ、1975年の映画「本陣殺人事件」での金田一耕助役や「ゴジラ」シリーズなど、多くの作品に出演し、広く認知された。
海外

☝️【衝撃の映像】シンガポール航空、ロンドン発便が乱気流で急降下!

16日のシンガポール株式市場は、米国のインフレ指標の発表を受け、投資家の間で米連邦準備理事会(FRB)の利下げへの期待が高まり、市場心理が改善されたことから反発した。この日の主要株価指数であるST指数は、前日比15.57ポイント(0.47%)高の3304.99で終了した。また、前日の米株の上昇や同日の日本および香港の株価の上昇も、シンガポール市場の買い手心理を後押しした。
海外

☝️シンガポール機、負傷70人 1人死亡

米国務省のミラー報道官は、イランのライシ大統領が死亡したヘリコプター事故に関連して、イランからの救援要請があったことを認めたが、業務上の理由から支援が行えなかったと述べた。米国とイランは1980年以来、断絶した国交を維持しており、今回の要請に応える意向はあったものの、具体的な支援は実現しなかった。ミラー氏はこの対応がイランに限ったことではなく、類似の状況下での一般的な措置であると説明した。
海外

☝️【ヘリ墜落】イラン、アメリカは救助せず

米国務省のミラー報道官は、イランのライシ大統領が死亡したヘリコプター事故に関連して、イランからの救援要請があったことを認めたが、業務上の理由から支援が行えなかったと述べた。米国とイランは1980年以来、断絶した国交を維持しており、今回の要請に応える意向はあったものの、具体的な支援は実現しなかった。ミラー氏はこの対応がイランに限ったことではなく、類似の状況下での一般的な措置であると説明した。
海外

☝️バイデン氏「許せん」イスラエル首相に逮捕状請求

バイデン米大統領は、国際刑事裁判所(ICC)がイスラエルのネタニヤフ首相などに対して逮捕状を請求したことに対し、強く非難する声明を発表した。この逮捕状は、ガザ地区への攻撃を巡り戦争犯罪の疑いで、ネタニヤフ首相とガラント国防相が対象とされたが、同様にハマスの幹部も含まれている。バイデン氏は、イスラエルとハマスを同列に扱うことは不適切であると指摘し、「イスラエルの安全は我々が支持し続ける」と強調した。
国内

☝️【エビ食べ放題】米レッドロブスター破綻

米国のシーフード・レストランチェーン大手であるレッドロブスターは、2023年5月19日に米連邦破産法第11章(チャプター11)を申請した。この法律は、日本の民事再生法に相当する。レッドロブスターは複数の債権者と事前に経営権の譲渡について合意しており、破産手続きを進める一方で、資産の売却や不採算店舗の整理を行い、企業の再構築を図っている。
国内

☝️【つばさの党】代表ら逮捕「民主主義脅かす」

衆院東京15区補欠選挙を巡り、警視庁捜査2課は「つばさの党」代表の黒川敦彦容疑者(45)を含む3人を公職選挙法違反(選挙の自由妨害)で逮捕した。この逮捕は、選挙の自由という民主主義の根幹を脅かす重大な行為に対するもので、非常に異例の事態である。警視庁は今回の逮捕を通じて選挙の自由と公正を害する行為に対して厳格な姿勢を示した。
タイトルとURLをコピーしました