海外

【半導体がストップ】台湾で震度6強、過去25年で最大 TSMC

台湾東部沖で発生した大規模な地震により、世界をリードする半導体製造企業である台湾積体電路製造(TSMC)が一部の製造設備の稼働を停止したことが報告された。この事態は、台湾に集中しているサプライチェーンのリスクを改めて示すものである。
スポーツ

大谷翔平、ホームランはおあずけ⚾️ 開幕7戦目でまだ不発

ロサンゼルス・ドジャースのファンが待ちに待った瞬間が、モーキー・ベッツの二塁打によって訪れた七回裏。チームにとって、そして特に大谷翔平選手にとっても、これがチャンスとなることが期待された。しかし、大谷選手はこの大事な場面で三振となり、今季初のホームランという結果は得られなかった。
国内

岸田首相「安倍派処分の線引き、ムズい🤔」自民党内不満

自民党では、派閥内の政治資金問題に対する処分の基準をめぐり、党内からの不満の声が上がっている。この問題では、主に安倍派(清和政策研究会)の議員が焦点となり、2018年から2022年の間に政治資金収支報告書に500万円以上の不記載があった議員が処分対象とされている。この基準について、合理的な理由が不足しているとの批判がある。
国内

【差別発言か】静岡・川勝知事が辞意 リニア計画に影響も

静岡県知事の川勝平太氏が辞任を表明したことで、国内の重要プロジェクトであるリニア中夜新幹線の建設プロジェクトの将来に影響が及ぼされる可能性がある。川勝氏は、大井川の流量減少をはじめとする環境問題を理由にリニア建設に反対し続け、これによりJR東海、国、沿線の自治体との間には大きな溝が生じていた。
エンタメ

【GTOリバイバル】松嶋菜々子&反町隆史「グレートだった」

フジテレビ系特別ドラマ「GTOリバイバル」に、女優松嶋菜々子(50)が出演し、主演の夫である反町隆史(50)と26年ぶりに共演した。この二人の共演は、1998年7月期に放送された「GTO」以来であり、松嶋は当時、反町演じる鬼塚英吉の同僚・冬月あずさ役を務めていた。今回の「リバイバル」では、あずさが鬼塚と結婚し、客室乗務員として再登場した。
国内

【東日本大震災の7倍】続く断水、能登地震7,800戸、地震損傷率

能登半島地震発生から3カ月が経過したものの、石川県珠洲市を含む被災地では7,000戸以上が依然として断水の状態にある。地震直後は最大11万戸に及んだ断水が徐々に解消されてきたが、特に珠洲市ではほぼ全域で水道の利用が不可能な状況が続いている。
国内

【地震速報】青森県と岩手県で震度5弱 津波の心配なし

2024年4月2日、午前4時24分頃、岩手県沿岸北部を震源とするマグニチュード6.1の地震が発生し、青森県と岩手県で震度5弱の揺れが観測された。この地震による津波の心配はなく、震源の深さは80キロである。震度5弱を観測した地域は、青森県の八戸市、三沢市、野辺地町、五戸町と、岩手県の宮古市、久慈市、普代村、軽米町、野田村である。
スポーツ

【悔しい結果】大谷翔平、満塁のチャンスで見せた勇姿

延長十回裏、1点を追う緊迫した場面で、大谷翔平に絶好のチャンスが訪れた。先頭打者のベッツが見事な四球で出塁し、ついに2死満塁の局面で大谷が打席に立った。その時、スタジアムは冷たい雨にも負けず、観客の期待と興奮が最高潮に達していた。しかし、大谷はやや内寄りの速球に詰まり、遊撃手へのポップフライでアウトに。
国内

【⚠不安な人は検査を】小林製薬「紅麹」で調査 尿の異変が共通

小林製薬の機能性表示食品「紅麹コレステヘルプ」を摂取した後に腎機能障害を発症し、入院した患者3人について、日大板橋病院の阿部雅紀医師が詳細を公表した。70代の女性1人と50代の女性2人で、尿の泡立ちや変色を訴えて病院を受診した後、尿細管間質性腎炎と診断された。
国内

【疑惑の安倍派】自民党、40人処分か キックバック

自民党は、派閥の政治資金問題において、特に安倍派幹部の一部に対して離党勧告の処分を検討している。この問題は、政治資金パーティー収入の還流問題と、それに関わった議員への処分に関するものである。
タイトルとURLをコピーしました